CHUMS BLOG

456件中 1 - 3件表示

2017. 03. 28(火) 18:00:00

表参道店☆イマ!!着たいアウターはコ・レ・ダ!!!

こんばんはーっ!りっきーです!


日中は暖かいですが、夜はちょっと冷える・・・そんなイマのシーズンにピッタリのアウターはこちら!



Ladybug Jacket  ¥12,000+tax


DSC_9235.JPG



薄くて軽くて丈夫なナイロン生地を使用しているため、撥水防風効果があります!


DSC_9268.JPG


後ろの肩から脇にかけてこもった湿気を放出してくれるメッシュが付いており、蒸れ防止機能になってます


DSC_9330.JPG


そしてそして、他のアイテムにはないとっておきの特徴は!!!


シュウノウブクロでパッカブル!!!(腰の付近にあります)


DSC_6143.JPG


ブービーちゃんがちらっと覗いてます(笑)アウター本体をクルクルコンパクトに畳んで・・・


DSC_6144.JPG


はいっ!できあがり~!これでバッグなどに忍ばせておきましょう!きっと役に立つ!!


DSC_6140.JPGDSC_6141.JPG


タウンユースはもちろん旅好きのワタクシとしては旅行先に持っていくと便利!!


DSC_9286.JPG


ジョギングなどのアクティブなシーンにも持ってこい!!!!!


気分はルンルン♪さぁ!これ着てハジケマショウ!!


DSC_9290.JPGDSC_9312.JPGDSC_9315.JPG


旅好き・スポーツアウトドア好きのりっきーでした!!!


りっきー


Online Shop


オススメ情報リンクバナー-01_01.JPG


 

2017. 03. 22(水) 17:50:00

表参道店☆CHUMS史上最軽量スウェット登場!

こんばんはーーー!!りっきーです!


今日は入荷したての春物スウェットパーカーのご紹介!


先週のハリケーンシャツのブログ時に、かいが着用してたパーカーです!!!


なんといっても軽い!!!こりゃあ!CHUMS史上最大の軽さ??!って感じです.(笑)


春っぽさを感じさせるカラーから定番色までの4色展開です.



Keystone Sweat Parka ¥6,900+tax


2017032202.JPG



CHUMSのインナーはカラフルなデザインが多いので、一枚上に羽織るパーカーはワンポイントに・・・


左胸に主張しすぎない、でも一目でCHUMSってわかる刺繍を施してます.


20170322.JPG2017032205.JPG


裏地はガーゼのような肌触りで汗を良く吸ってくれるループパイル仕様!


2017032203.JPG


けいさんは白のシャツと合わせて安定のコーディネート.


2017032206.JPG


僕も実際着てみましたが、きもーち小さめのサイズ感でした。


他のアイテムと着比べてみないとわからないもんですね(笑)


新生活にヘビロテできる逸品!是非試着して手に取ってみてください!


きっと衝撃の軽さとサイズ感がわかるはず!


りっきー


オンラインショップでの販売は少々お待ちください。


オススメ情報リンクバナー-01_01.JPG


2017. 03. 21(火) 17:30:55

表参道店☆実はあまり知られていない、バッグの大事なところ。

こんばんは〜‼︎

今日は久しぶりに、長年に渡る人気商品に改めてスポットを当ててみようと思います。

街、フェス、旅行先、などなど、ありとあらゆる場所で使われているこの形。

2017SSクラシックデイパック-8558_01.JPG

これ、"クラシックデイパック"て言う商品なんです。

まずは、実は意外と知られていない事について触れていきます♪

その① バッグの生地

チャムスのバッグと言えば、"スウェット"が使われているバッグ。と、イメージされる方も多いはず。

実は、スウェット素材を多く扱っているCHUMSだからこその"こだわり"があります。

2017SSクラシックデイパック-8532_01.JPG

一見、衣類に使われている生地となんら変わりはないですが、"バッグに適した"簡単にはへこたれないスウェットの生地を、CHUMSオリジナルで作って使用しています。実際に使っていただいている皆さんはご存知かと思いますが、物持ちがいいのはそんな細かいこだわりがあるからこそなんです。

その② よく聞かれる雨について

よくお店で、「スウェットだから濡れますか?」とご質問をいただきます。はい、濡れます。ただ、ここでいつもお話をさせていただくんですが、生地は、あくまでコットンがベースとなっているスウェットなので、衣類と同じです。ちゃんと乾きます。

2017SSクラシックデイパック-8485_01.JPG

雨に濡れたからといって、シミになる事なんてほぼありえません。スウェットじゃなくても、濡れる時は濡れます。衣類と一緒ですので、濡れたから生地がすぐダメになるなんて事も、まずありえません。ただし、濡れたままクローゼットに入れたりはダメですよwww

その③ 裏地について

でも、結局中には水が入っちゃうのでは?こんなご質問もよくいただきます。いえ、そんな事はありません。ちゃんと工夫を施しています。ここが一番よく誤解されている事なんですが、殆どのバッグ類の裏地にはコットン以外の生地を使っているので、濡れてすぐに中までビショビショなんて事はありません。

2017SSクラシックデイパック-8392_01.JPG

これもまた、スウェット以外のバッグと一緒で、長時間濡れたらなんだって中まで濡れます。防水仕様の物はもちろん例外です(汗)そして、この裏地のおかげでバッグ本体の型崩れ防止にも大きく役立っています。縁の下の力持ちってやつですね。色使いにも、CHUMSらしいこだわりがしっかりあります。

2017SSクラシックデイパック-8549_01.JPG

表面の生地の色によって、それぞれ裏地の色も違うんです。開けた時にかわいくて、気分がアゲアゲになることは間違いないですが、意外と気付かないポイントが一つ。中がカラフルだと、入れている荷物が見やすいんです。商品選びの時に裏地もあわせて見てみると、選ぶ楽しみが更に増えちゃいますよ♪

その④切り返しのナイロンについて

クラシックデイパックの底面やひし形のブタ鼻などに使われている、"ナイロン"。ただのナイロンではありません。

2017SSクラシックデイパック-8543_01.JPG

これ、インビスタ社というところの"コーデュラ"というブランド物のナイロンを使っています。普通のナイロンと比べて、圧倒的な強度を誇ります。ついついポイっと置いてしまうのがバッグの運命。気にかけなくてもどこに置ける安心感が、このデイパックの底面には常に施されています。

その⑤大きさ

いや~、沢山書いちゃったので、皆さんもお疲れかと(笑)最後は表参道店テキ、"クラシックデイパック"背負ってみました!!

DSC_8573.JPGDSC_8577.JPGDSC_8587.JPGDSC_8599.JPGDSC_8607.JPGDSC_8609.JPGDSC_8621.JPGDSC_8631.JPG


Classic Day Pack Sweat Nylon   ¥7,900+TAX

ご覧いただいた皆様、お疲れ様でした(笑)

定番のデイパックは、どんなスタイルにも合わせ易いからこそ定番です。

是非店頭でご試着してみて下さいね~


 

てんちょ~

 


オススメ情報リンクバナー-01_01.JPG

RECENT ARTICLE

ARCHIVE

CATEGORY

RSS